ポケモン大好きパパ


野生ポケモン捕獲用の育成

投稿者: yoshimuratorataro, カテゴリー: 育成論

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 野生ポケモン捕獲用の育成
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
野生ポケモン捕獲用の育成ポケモン大好きパパ

野生のポケモンや伝説ポケモンを効率よく捕まえるには、専用のポケモンを育成したほうがいい。
とくに、状態異常系のわざを持っていたり、必ずHPを1残す「みねうち」を覚えているポケモンが該当する。
今回は、何匹か見繕ってみた。参考にしてほしい。
キノガッサ
「キノココ」がLv.45で「キノコのほうし」を覚える。唯一の命中率100%の眠り技。
(キノガッサに進化させると覚えないので、Lv.45まで進化をキャンセルすること)
タマゴわざで「みねうち」を覚える。(ただし、ブラックホワイトでは覚えない。要注意)
「こうげき」が高いので、能力的にも相性がいい。
特性「ポイズンヒール」+「どくどくだま」でHPを回復する手段を用意しておくと、居座りとしても機能する。
ハートゴールド、ソウルシルバー、プラチナで「こうごうせい」をわざ教えで覚えることができるので、採用するのもあり。
ストライク
「みねうち」をLv.13で覚える。ゲーム序盤でも使うことができる魅力がある。
また、特性「テクニシャン」だと威力が40→60になる。
むしタイプは耐久面で弱いのだが、比較的高めになっている。
「かげぶんしん」をLv.37で覚えるので、居座りも可能。
状態異常系は、「どくどく」くらいしかないのでストライク以外のポケモンに担当させたほうがいい。
パラセクト
能力面では、「キノガッサ」の劣化版。
ただ、特性「かんそうはだ」にするのが一般的だが、ほのおタイプのポケモンの捕獲には向かなくなるので、注意してほしい。
「キノコのほうし」がLv.17で覚え、「みねうち」はパラスがタマゴわざで覚えることができる。
キリキザン
わざマシンで「みねうち」と「でんじは」を覚えることができる。
物理系が優秀なのと、「とくぼう」も強化すればなかなかなところまで伸びる。
「てっぺき」を覚えるので、ぼうぎょを固めてから、刻んでジワリジワリと追い詰めていくことができる。
4倍ダメージのかくとうタイプ、2倍ダメージのほのおタイプ、じめんタイプに気を付ければ、1/2ダメージと1/4ダメージ、無ダメージのタイプが多いので、対応できるタイプが多いのも魅力的。

 

コメントする

スポンサードリンク

Twitterやってます


pokemon_daisukiをフォローしましょう

twilog@ポケモン大好きクラブ
@pokemon_daisuki

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ゲームブログ DSへ

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

にほんブログ村 ゲームブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ポケモン・攻略ブログ

ポケモンランキング

おすすめアイテム