ポケモン大好きパパ


キノココ、キノガッサの育成論

投稿者: yoshimuratorataro, カテゴリー: 育成論

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キノココ、キノガッサの育成論
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
キノココ、キノガッサの育成論ポケモン大好きパパ


昨日の記事で最後に書いた、サザンドラ対策で使えそうなポケモンに上げた「キノガッサ」の育成論を書いてみる。
好きなポケモンの1体で、耐久系になりえるアタッカー。いいポケモン。
ホワイト、ブラックの新ポケモンではないが、是非チェックしてほしい。
■データ
特性:ほうし、ポイズンヒール
進化:キノココ→キノガッサ(Lv.23)
キノココ
タイプ:くさ
種族値:HP:60/こうげき:40/ぼうぎょ:60/とくこう:40/とくぼう:60/すばやさ:35
キノガッサ
タイプ:くさ、かくとう
種族値:HP:60/こうげき:130/ぼうぎょ:80/とくこう:60/とくぼう:60/すばやさ:70
■育成論
キノガッサは、有名なコンボがある。
通称「胞子パンチ」。
「キノコのほうし(くさ/変化)」が命中率100%の眠らせる技。
「きあいパンチ(かくと/物理)」が威力150命中率100%で激烈な技のように見えるが、必ず後攻になり、相手からダメージを受けると必ず失敗する技。
まずは、「キノコのほうし」で眠らせて、次のターンで「きあいパンチ」を繰り出すコンボ。
このコンボを作るために必要なのが、Lv.45まで「キノココ」のままにすること。
これが地味に面倒。
ちなみに、BWで威力がアップした「ギガドレイン(くさ/特殊)」もキノココのままじゃないと覚えない技。
メインはこのコンボで行きたい。
ただ、このコンボはかなりメジャーなコンボなので、キノガッサを出した時点でこのコンボが使われることがほぼバレバレなのが弱点。
あと、特性「ふみん」のポケモンには無効。要注意。
そのほかでは、4倍ダメージのひこうタイプ対策に「ストーンエッジ」、くさタイプ&耐久系の定番「やどりぎのタネ(くさ/変化)」、技マシンの「みがわり」とか。
性格と個性は、「こうげき」か「すばやさ」がアップするものを狙いたい。
特性は、「ほうし」も面白いが、「ポイズンヒール」でいきたい。
「どくどくたま」は必携。状態異常にならずにHPが回復していく。
対戦バトルのときに、ほかのポケモンに「たべのこし」を持たせることができる利点がある。
■まとめ
アタッカー系
キノコのほうし
きあいパンチ
やどりぎのタネ
ストーンエッジ
デフェンダー系
キノコのほうし
きあいパンチ
やどりぎのタネ
みがわり



※免責:限られた状況の中で書いてみますので、後日修正加筆の可能性があります。
ご了承くださいませ。


 

コメントする

スポンサードリンク

Twitterやってます


pokemon_daisukiをフォローしましょう

twilog@ポケモン大好きクラブ
@pokemon_daisuki

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ゲームブログ DSへ

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

にほんブログ村 ゲームブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ポケモン・攻略ブログ

ポケモンランキング

おすすめアイテム