ポケモン大好きパパ


エーフィの育成論

投稿者: yoshimuratorataro, カテゴリー: 育成論

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エーフィの育成論
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
エーフィの育成論ポケモン大好きパパ


■データ
タイプ:エスパー
特性:シンクロ
種族値:HP:65/こうげき:65/ぼうぎょ:60/とくこう:130/とくぼう:95/すばやさ:110

■育成論
エーフィは、特殊系のポケモンとして優れたの能力を持っている。
「とくこう」は一流、「すばやさ」も上位に入る能力を持っている。特性も優秀。
しかし、物理系には弱いので、とくに2倍ダメージの「あく」タイプのポケモンが出てきたら、素直に交代したほうがいい。

性格と個性は、「とくこう」と「すばやさ」を伸ばすのを選びたい。
「とくぼう」を伸ばして特殊受けにしてもいいが、特別高いわけではないのでアタッカーに特化させたほうがいい。

メイン技は、もちろん「サイコキネシス(エスパー/特殊/90/100/Lv.64)」は絶対にほしい。
ほかには「あくび(ノーマル/変化/タマゴわざ)」+「ゆめくい(エスパー/特殊/100/100/わざマシン)」のコンボもある。
ほぼほぼ「あくび」後に1ターン隙ができるので、「みがわり(ノーマル/変化/わざマシン)」を使う。ただし、特殊受けにしたとき&ヤタピのみかたべのこしなどのアイテムは必須。

そのほか、追加効果が優秀な「シャドーボール(ゴースト/特殊/80/100/わざマシン)」とサイコキネシスとセットで持つといい「サイコショック(エスパー/特殊/80/100/わざマシン)」が候補になる。

補助系は、かなり優先度を高くして「あさのひざし(ノーマル/変化/Lv.71)」は抑えたい。「みがわり」との相性も抜群。
ほかには、耐久面を補完する「かげぶんしん(ノーマル/変化/わざマシン)」「あまえる(ノーマル/変化/タマゴわざ」「すなかけ(ノーマル/変化/Lv.8)」が候補だが、スペースの関係上あまり採用されない。

■まとめ
アタッカー系
サイコキネシス
サイコショック
シャドーボール
あさのひざし

デフェンダー系
サイコキネシス
あさのひざし
あくび
ゆめくい


※免責:限られた情報の中で書いてみますので、後日修正加筆の可能性があります。
ご了承くださいませ。


 

コメントする

スポンサードリンク

Twitterやってます


pokemon_daisukiをフォローしましょう

twilog@ポケモン大好きクラブ
@pokemon_daisuki

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ゲームブログ DSへ

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

にほんブログ村 ゲームブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ポケモン・攻略ブログ

ポケモンランキング

おすすめアイテム