ポケモン大好きパパ


ドッコラー、ドテッコツ、ローブシンの育成論

投稿者: yoshimuratorataro, カテゴリー: 育成論

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドッコラー、ドテッコツ、ローブシンの育成論
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ドッコラー、ドテッコツ、ローブシンの育成論ポケモン大好きパパ


今日は、ドッコラー・ドテッコツ・ローブシンの育成論を考えてみる。
特性がかなり強力なポケモン。
かくとうタイプのポケモンの中では、1位2位を争うのではないか!?
■データ
タイプ:かくとう
特性:こんじょう(状態異常時に攻撃が1.5倍)、ちからずく(追加効果がない代わりに威力が1.3倍)
進化:ドッコラー→ドテッコツ(Lv.25)→ローブシン(通信交換)
ドッコラー
種族値:HP:75/こうげき:80/ぼうぎょ:55/とくこう:25/とくぼう:35/すばやさ:35
ドテッコツ
種族値:HP:85/こうげき:105/ぼうぎょ:85/とくこう:40/とくぼう:50/すばやさ:40
ローブシン
種族値:HP:105/こうげき:140/ぼうぎょ:95/とくこう:55/とくぼう:65/すばやさ:45
■育成論
特性が両方とも強力。「こうげき」が超一流と相まって、トップレベルの物理アタッカーになる。
ただ、特殊系の耐久面と「すばやさ」に弱点がある。
相手を選ぶか、ダブルバトルで相棒のサポートを受けて、強力に攻めてほしい。
性格と個性は、「こうげき」を最優先にする。
努力値は、「こうげき」と「ぼうぎょ」に振って、物理受け&物理アタッカーにするのがいい。
特性を「こんじょう」にした場合は、どくどくたまを持たせて「からげんき(ノーマル/物理/70/100/わざマシン)」が定番中の定番。
ただ、「どくどく」状態から「ねむる(わざマシン)」で回復するのが常套手段だが、「ねむる」とセットで装備したい「いびき」や「ねごと」がない。
2ターンは攻撃を受けることを覚悟する必要がある。
特性を「ちからずく」にした場合は、マイナスの効果を受けなくなる「ばかぢから(かくとう/物理/120/100/Lv.57)」がかなり強力。
これ以外では、タイプ一致で能力との相性がいい「アームハンマー(かくとう/物理/100/90/Lv.45)」、「ドレインパンチ(かくとう/物理/75/100/タマゴわざ)」が候補。
使いどころが難しいが、ダメージを受けることが前提なので、「きしかいせい(かくとう/物理/-/100/タマゴわざ)」も面白い。
「きあいパンチ」を持つことができるが、確実性をあげることが難しいので採用を見送りたい。
(採用したい場合は、「みがわり(わざマシン)」は必須)
補助系は、「ビルドアップ」くらいか。
■まとめ
特性が「こんじょう」の場合
からげんき+どくどくたま
ドレインパンチ
ねむる
メロメロ or かげぶんしん
特性が「ちからずく」の場合
ビルドアップ
ばかぢから
アームハンマー
ドレインパンチ



※免責:限られた情報の中で書いてみますので、後日修正加筆の可能性があります。
ご了承くださいませ。


 

コメントする

スポンサードリンク

Twitterやってます


pokemon_daisukiをフォローしましょう

twilog@ポケモン大好きクラブ
@pokemon_daisuki

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ゲームブログ DSへ

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

にほんブログ村 ゲームブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ポケモン・攻略ブログ

ポケモンランキング

おすすめアイテム