ポケモン大好きパパ


ズルッグとズルズキンの育成論

投稿者: yoshimuratorataro, カテゴリー: 育成論

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ズルッグとズルズキンの育成論
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ズルッグとズルズキンの育成論ポケモン大好きパパ


今日は、ズルッグとズルズキンの育成論を考えてみる。
この前、サトシのズルッグの配布があったが、自分で育ててみるのも面白いポケモンだと思う。
■データ
タイプ:あく、かくとう
特性:だっぴ、じしんかじょう
進化:ズルッグ→ズルズキン(Lv.39)
ズルッグ
種族値:HP:50/こうげき:75/ぼうぎょ:70/とくこう:35/とくぼう:70/すばやさ:48
ズルズキン
種族値:HP:65/こうげき:90/ぼうぎょ:115/とくこう:45/とくぼう:115/すばやさ:58
■育成論
耐久+アタッカーのポケモン。
苦手なタイプが2つしかなく、3種のパンチを覚えることができるので汎用性が高い。
「すばやさ」が低いのが要注意。
特性は、どちらも面白い。
状態異常で削られたり、能力を半減させらても自然回復が可能な「だっぴ」でもよいし、アタッカーとしてガシガシいくタイプとして活用できる「じしんかじょう」でもよい。
自分は、「じしんかじょう」を選択した。
性格と個性は、耐久系に特化する場合は「ぼうぎょ」と「とくぼう」を強化。
「こうげき」を強化して、アタッカーにしてもいい。その時は、物理受けもしくは特殊受けに育てる。
メイン技は、タイプ一致で追加効果が優秀な「かみくだく(あく/物理/80/100/Lv.38)」を選択したい。
そのほか、タイプ一致の「とびひざげり(かくとう/物理/130/90/Lv.31)」もいい。
サブ技は、タマゴわざで覚える3種のパンチ(「ほのおのパンチ」「れいとうパンチ」「かみなりパンチ」)が候補。
苦手なひこうタイプ対策に「れいとうパンチ」か「かみなりパンチ」が最有力か。
そのほか、HPが低めなので「ドレインパンチ(かくとう/物理/75/100)」があると心強い。
補助系は、低い素早さを補完する「りゅうのまい(タマゴわざ)」があるくらいか。あまりいいものがない。
■まとめ
アタッカー系
とびひざげり
かみくだく
れいとうパンチ
りゅうのまい
デフェンダー系
みきり
ドレインパンチ
かみなりパンチ
かみくだく



※免責:限られた情報の中で書いてみますので、後日修正加筆の可能性があります。
ご了承くださいませ。


 

コメントする

スポンサードリンク

Twitterやってます


pokemon_daisukiをフォローしましょう

twilog@ポケモン大好きクラブ
@pokemon_daisuki

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ゲームブログ DSへ

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

にほんブログ村 ゲームブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ポケモン・攻略ブログ

ポケモンランキング

おすすめアイテム