ポケモン大好きパパ


チョロネコ、レパルダスの育成論

投稿者: yoshimuratorataro, カテゴリー: 育成論

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - チョロネコ、レパルダスの育成論
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
チョロネコ、レパルダスの育成論ポケモン大好きパパ


今日は、チョロネコとレパルダスの育成論を考えてみる。
なんとなく、敵が使ってくるポケモンの中で一番多いのような気がする。
しかも、すばやさに自信がある手持ちポケモンでも、かなりの確率で先制されてしまうのは、特性「かるわざ」のたまである。
自分で使う時の作戦を考えてみる。
■データ
タイプ:あく
特性:じゅうなん、かるわざ
進化:チョロネコ→レパルダス(Lv.20)
チョロネコ
種族値:HP:41/こうげき:50/ぼうぎょ:37/とくこう:50/とくぼう:37/すばやさ:66
レパルダス
種族値:HP:64/こうげき:88/ぼうぎょ:50/とくこう:88/とくぼう:50/すばやさ:106
■育成論
特性「かるわざ」を効果的に使いたい。
耐久力が頼りないので、高い「すばやさ」を生かして攻めに攻めていく作戦を取る。
性格と個性は、「すばやさ」を優先的に強化するのもいいが、「かるわざ」で倍になるので、「こうげき」のほうをあげる方がいい。
メイン技は、タイプ一致で追加効果が優秀な「つじぎり(あく/物理/70/100/Lv.43)」が筆頭。
「ちょうはつ(あく/Lv.38)」+「ふいうち(あく/物理/80/100)」のコンボもいいが、威力が80なので、一撃とはいかない場面が多いので注意が必要。
このほかには、「きりさく(ノーマル/物理/70/Lv.34)」や相手次第になるが「イカサマ(あく/80/100/タマゴわざ)」も候補になる。
2倍ダメージのかくとう、むしタイプ対策に「つばめがえし(ひこう/物理/60/必中/わざマシン)」も候補になる。
補助系は、すばやさを生かして「アンコール(ノーマル/タマゴわざ)」や「いちゃもん(あく/Lv.19)」が面白い。
相手が出したわざを見てから出せるのは魅力的。
■まとめ
アタッカー系
つじぎり
ちょうはつ
ふいうち
つばめがえし
デフェンダー系
つじぎり
アンコール
いちゃもん
つばめがえし



※免責:限られた情報の中で書いてみますので、後日修正加筆の可能性があります。
ご了承くださいませ。


 

コメントする

スポンサードリンク

Twitterやってます


pokemon_daisukiをフォローしましょう

twilog@ポケモン大好きクラブ
@pokemon_daisuki

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ゲームブログ DSへ

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

にほんブログ村 ゲームブログへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ポケモン・攻略ブログ

ポケモンランキング

おすすめアイテム